次のページ| PAGESELECT | 前のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 次のページ

≫ EDIT

第03回公演①~チトトト副団長、評価、こだわり~

haitaru_001.jpg

==2009年03月31日(木)更新==
先週の土日は、元シンクロメンバーと「部屋飲み」をして、ゴロゴロ飲んだくれていたら全く更新が出来ませんでした!
更新遅れ気味なのに、訪問者がコンスタントにいるので、ちょっぴり駄文を掲載~。

============================
※ おまけコーナー「あの人は昔!」(増刊号)

■ Profile.000 「Titototo」副団長 (上のサブTOP絵)
私をFF11に誘った会社同期のLS(常時4人ぐらいしかいない)のメンバーで、Deferiorという寡黙なヒューム(♂)がメインキャラ。
Deferiorの荷物を預ける倉庫キャラとしてタルタル(♂)Titototoを作成。
2004年04月当時、タルタルになって初心者のフリをすると、野良PTの人たちが優しくて楽しいことを覚え、Titototo使用率上昇&Titototoのときの方がよくしゃべる。
2004年05月に(当時)未成年であることが発覚。
シンクロ結成前は、あまり絡みはなく、口数の少ない人だな~という印象しかなかったわけですが、シンクロ結成後は、向こうから積極的に話しかけてくるようになりました。
第02回公演では副団長らしい自覚が出てきたのか、どんどん頼もしくなる一方、「フォースタクシーよろ」など、歩くのを面倒くさがって私にFollowさせたり、悪Titototoぶりを発揮しつつあります。
============================

第03会公演は、そんなTitototo副団長の魅力?に焦点を当てて書いてみようかとか思ってます…((((゜Д゜;))))
本更新は、もしかしたら、今日の夜だ!


==2009年04月05日(日)更新==
と、前回、書いていて、予定通り(?)更新は遅れていますね!
が、少し目が覚めましたよ!
己が決めたことを堂々と破り続けてどうする!

次回には、再び勤労の魂が寝ているかも知れませんが!
第03回公演の回顧録!どぞ!


==2009年04月06日(月)修正==
「このとき、私はTitototo副団長に本当に感謝していました。」以下の文章を修正しました。
私の「こだわり」について、説明文を追加しています。
修正前の文章では、なんだかしっくりこなかった点がいくつかあったのですが、だいぶ、伝えたいことがまとまった文章になりました。
それに対応して、サブTOP絵、お昼に書いたコメントも修正しました。



vhs040425_004.jpg
==ウィンダス石の区:天の塔外周==
2004年04月25日(日)23:10頃
<Forth> これで、第二回公演!!終了!!
<Forth>かいさんでーーーす!!^^
<Titototo> フォースタクシーよろー

と、いうわけで第01回公演終了時と同じく、タルタル電車でモグハウスへ帰るシンクロメンバー達。

<Lyane> パピヨンいくらでうってるw?
<Cherry> いくらだろ?w
<Lyane> パピヨンいくらか知ってる人いませんかー?w
<Forth> パピは1D1500ぐらい
<Lyane> そんなにするんだ・・・w

<Titototo> 新作できなかったぽ
<Relulu> また今年も盆踊りあるそうですよ
<Relulu> 盆踊りには新作いっぱいやろー
<Titototo> ダンスチームもなぐりこみ!!
<Forth> ぼんおどりあるんだ^^;
<Relulu> もう運営委員会が動き出してます
<Forth> ほぉーー

※すまん、たぶん、まったく興味がないようだw

シンクロナイズド★タルは、まだ生まれたばかりのイベントLSです。
外のイベントに手を出すよりも、イベントLSとしての企画の充実、内部の運営体制の強化が急務なのです。
LSとして、第03回公演に再びメンバーが集まってくれるのかどうかにすら不安がある状態では、Reluluさんの提案は私の興味を引かなかったのでした。

vhs040425_005.jpg
==ウィンダス:モグハウス==
2004年04月25日(日)23:15頃
【花火の在庫】
桜花爛漫12×2 ※2D(ダース)
ル・パピヨン4

<Forth> ル・パピヨンの在庫が、もうないタル
<Relulu> レシピをスクエアに要求する!

<Titototo> ぱぴ7Dもってまつw
<Forth> 7Dも、2回の公演で、カリ狩りクポ^^;

<Forth> まあ、なんとか、無事に(?)第二回公演終わりましたにゃー
<Titototo> いや
<Titototo> ちかれたぽ
<Forth> 前回ほど、混乱はしなかったけど、感慨は少し違う気がする
<Titototo> 次は芝居でも良いなw

(゜Д゜) へーー! Titototo副団長、芝居OKなのかw

<Titototo> フォース君はまた明日からイベント考えてもらわんとのぉ
<Relulu> メインのレベル上げしてる場合ではないですよ!!w
<Titototo> 上げてないでしょw
<Titototo> フォーさん最近倉庫メインになりかけてるしw

(゜ロ゜;) そ、その通りだ!ネコがメインなのに、飼い殺しだ!

それにしても、Titototo副団長は、シンクロナイズド★タルの公演が終わる度に、私に次の公演を開催させようと誘い(?)の言葉をかけてきます。
LSの運営方針については、個人的に整理はしていましたが、「とりあえず1年間、活動する!」ってことは、副団長にも伝えていなかったので、毎回、この公演が最後っぽい雰囲気を(私が)出していたのです。

なぜって!?

だって、「1年間、活動する!」って宣言してしまったら!
人が集まらずに第02回公演でLSが消滅したりした時に、「あの人は全力で取り組んだのに、イベントLSを指揮する企画力・統率力・人的魅力がなかったね(藁)」って評価になるじゃないですか!w

新規にLSを立ち上げ、しかも、それがゲーム上のパラメーターと無関係なイベントLSということは、LSが栄えるかどうかは、「LSリーダーの魅力そのものが評価される」事に限りなく近いと思うのです。

無邪気に遊ぶ場として設立したLSである反面、自分が周りから評価される場として、正直、内心ではビビリまくりなのでアリマス!

遊び場で自信喪失して、再起不能にならないように
逃げ道は用意させてくれよセニョリータ!

とはいえ、第02回公演のメンバー数、お客さん数、会場の盛り上がり等、継続開催への自信は少しずつ付き始めています。
さて、第03回公演に向けて、LS内にメッセージを流しておきましょう!

▼LSメッセ
< SynchroniseTaru: Forth >
今日は皆さんありがとうございました><
HP(http://www.geocities.jp/fourth_company/)に画像載せますね^^
(2004/4/25 23:22:05)

<Titototo> おちるぽ
<Titototo> またねぇ
<Forth> あい^^ おつかれさまーー
<Titototo> ありがとね。副団長♪
<Titototo> むふw
<Titototo> じゃねんー
<Forth> あいー^^

このとき、私はTitototo副団長に本当に感謝していました。
第01回公演の後、私はTitototo副団長がサブリーダー役を担ってはくれないと感じ、新規のサブリーダーを選出しようと思っていたわけですが…。
なんだかんだで、頼りになるじゃないですかw

第02回公演でのTitototo副団長の立ち回りは、正直、ものすごくうれしく、心強く思いました。
それでも、私はまだ誰かを全面的に頼るつもりはありませんでした。

誰かに何かを任せるということは、「私が期待する相応の結果」を相手に求めるということです。
でも、その期待が裏切られ、任せたことを実行してくれなかったり、あまりに結果が伴わなかったら…。

私は、その人を非難せずにいることができるだろうか?
いや、無理だろう…。

結果を求めて何かを託すのだから、非難せずにはいられない!
そして、責められた側は、「善意で引き受けたのに、非難されるなんて!」と、
私の仕打ちを不当だと感じて憤る人もいるでしょう。
いや、むしろ、そう思う人の方が多いと思います。

だって、私の求める「クオリティ」は、私の理想・趣味みたいなものです。
その必要性をメンバーに説明しても、完全な賛同は得られないと思います。

「そのこだわりは、本当に必要なのか?」
「そのこだわりの実現のために、私達が非難されないといけないのか?」
とメンバーに問われれば、答えは「NO」でしょう。
絶対に必要なものではないと思います。

でも、私は、その「こだわり」があるからこそ、
他の誰もやろうと思わないことを実現し、周りの人の心を動かし、参加者・観客を楽しませ得るのだと思うのです。

説明がうまくできない「こだわり」…。
だからこそ、

誰かを頼り、その期待が裏切られて,.
私が相手を憎んだり恨んだりすることがないように…。

誰かが任せられた責任に耐えかねて、
相手が私を憎んだり恨んだりすることがないように…。

成功はメンバー全員で分かち合い、失敗はリーダーである私が一身に背負う・・・。

そうやって、シンクロナイズド★タルを運営して行こうと思うのです。
私自身と、シンクロメンバー達の平穏のために…。

続く!


スポンサーサイト

| タルダンス・ヴァナ芸人 | comments(2) | trackbacks(0) | 次のページ

COMMENT

かっこつけてんじゃねー☆
私は、団員・お客さまが楽しめたのはきほんふぉ~すの尽力のおかげだと思ってたし、もし失敗(?失敗って何?)したなら自分達団員のせいだと思ってたナー。
一身に背負うとかゆってるけど、人の気持ちまでは介入できないよーん☆

| うぃー | 2009/04/06 01:50 | | ≫ EDIT

((((゜Д゜;)))) あふあふ!
書き方、カッコつけてました!
すみませーんヽ(;´Д`)ノ

で、「失敗」って何?って質問があったので、ほい!答えます!
私にとっての「失敗」は大きく分けて以下の3つ

1.予定していた公演が、準備不足で開催できない
2.開催したけど、いまいち盛り上がらない
3.活動方針についてシンクロのメンバー同士がもめて対立

本質的に「LS活動が盛り下がるきっかけ」=「失敗」と捉えています。

こうした「失敗」は、LS活動において常にリスクがあるわけですけど、
誰かに何かを任せる程、そのリスクは高まると思うのです。

メンバーがみんな素直に自分の非を認められる人ならいいですが、
単純作業でも、依頼したことを期日までに実行しないで言い訳・責任回避をしちゃう人って多いと思うのです。(私も、言い訳した経験は山ほどあるのでw)

そして、追記になりますが、私の「こだわり」を元にクオリティ基準を設定した依頼事項に関しては、そもそも及第点ライン自体が絶対的な基準じゃないわけで。
「それを実行・達成できなくて、何が悪いの?」という、純粋な反感も生まれると思うのです。

そういう「人の弱い部分」「価値観の違いによる不協和」が表に出ないように、シンクロメンバーには極力責任を負わせず、「お客さま待遇」に置くのが初期の運営方針でした。
「団長がヘボだから、私たちが苦労するよねー!」という感じに、失敗の所在が団長に集中しているように見える状態の方が、LS内部の争いがなく、私にとって運営が「楽」だというのが本音でもありますがw

後に、いろいろ頼ってみると、やっぱり、それを原因としてメンバー間の不協和が起きて、脱落者が出てくるわけですが…。
それは、また後々の回顧録で…。

| フォース@シンクロたる | 2009/04/06 12:39 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fourthcompany2.blog24.fc2.com/tb.php/89-3e2632a0

TRACKBACK

次のページ | PAGESELECT | 前のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。