次のページ| PAGESELECT | 前のページ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 次のページ

≫ EDIT

序説①~ファイナルファンタジーXI って何だ?~

ff11_title.jpg

そもそも、なんだって「シンクロナイズド★タル」なんてダンス隊を作ることになったんでしょうか?
まずは、そんな「物語のはじまり」について、ファイナルファンタジーXI の紹介も含めて書いてみようと思います。



▼「ファイナルファンタジーXI 」とは?
FINAL FANTASY XI (略称:FFXI、FF11) は、スクウェア・エニックス社が開発したファイナルファンタジーシリーズ初のMMORPG(多人数同時参加型・オンライン・ロールプレイング・ゲーム)です。
2002年5月16日にサービスが開始され、2008年9月現在、100万以上のプレイヤーキャラクターが登録されています。

ff11_opening_001.jpg
【世界観】
ゲームの舞台となる「ヴァナ・ディール」は、「クリスタル」と呼ばれる水晶のようなものが力の源になっていて、そのクリスタルを利用した魔法や機械文明が栄えています。

ff11_opening_002.jpg
【時代背景】
時に、天晶暦863年。
闇の王に率いられた獣人軍の攻勢に対して、人類は「サンドリア王国」「バストゥーク共和国」「ウィンダス連邦」「ジュノ大公国」の4国からなる連合軍を結成。
両軍の熾烈な戦いが各地で繰り広げられているのでした…。

なんだか、文字にしてみると危ない世界ですね。
完全に内戦状態です。

外務省の海外安全ホームページに掲載されようものなら、渡航情報:「退避を勧告 します。渡航は延期してください。」と言われそうな世界です。

でも、オープニングムービーを見終わった直後の心理としては、
「オラ、わくわくしてきたゾ…」 by 悟空

この一言に尽きます。

さて、プレイヤーは「各国に所属する冒険者」としてゲームに参加することができます。
「冒険者」って、何なのかいまいち分からずにプレイしてきましたが、各国の首脳部から見れば「雇われ傭兵」というイメージが一番しっくりきます。
各国の街に住む一般人の皆さんから見ると、「フーテンの寅さん」や「水戸黄門」のように、「事件を解決してクールに去っていく【ただの通りすがり】」っぽい立ち位置でしょうか。

つまり、FFXIの中でプレイヤーができる事とは、「雇われ傭兵」として獣人軍と終わりなき戦いを繰り広げるか、「フーテンの寅さん」や「水戸黄門」のように人助けと悪人退治を行うか…という大きく2つなわけです。

ちなみに、2008年5月16日に行われた「第8回 ヴァナ・ディール国勢調査」によれば、50万人以上の有効アカウントがあるそうなので、「雇われ傭兵」、「フーテンの寅さん」&「水戸黄門」の総数は、およそ50万人のようです。

しかし、そのFFXI の本来の遊び方とは異なる遊び方をするプレイヤーがいます。
それは、私のような旅に出ないニートな「水戸黄門」 だったり、大道芸人(通称:ヴァナ芸人)だったり…、そもそも獣人軍とかじゃない別のものと戦っている人たちだったり…。

そう、今からお話しするのは、そんな間違ったFFXI の遊び方のお話です。

スポンサーサイト

| タルダンス・ヴァナ芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | 次のページ

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fourthcompany2.blog24.fc2.com/tb.php/64-8c4bdc2f

TRACKBACK

次のページ | PAGESELECT | 前のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。