≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | 次のページ

≫ EDIT

限界クエ2とブレードランニャー

fraps20090621_001.jpg

レベルの上限が60になった!

Maat 「もっとも、これはプロローグなんじゃがな、フォッフォッフォ!」
Fourth 「(限界クエは)2つで十分ですよ!」
Maat 「これはプロローグなんじゃ、フォッフォッフォ!」
Fourth 「(限界クエは)2つで十分ですよ!」
Maat 「あと3つで、レベル上限75じゃ。」
Fourth 「わかってくださいよ!」

≫ 続きを読む
スポンサーサイト

| 一人と一匹 | comments(2) | trackbacks(0) | 次のページ

≫ EDIT

第50回公演④~欲しかった居場所は~

place_01.jpg

結局、あの会話を最後に、プリタンと直接話をすることは、もうありませんでした。
かつては仲良く遊び、かなり長い時間を共に過ごしたのですが、
こちらからの連絡に一切返事がなくなり、人間関係自体があっさりと終わってしまいました。

当時は、なぜそんな結果になったのか、いまいち理解できていなかったのですが、
こうして時が経ち、いろいろと思い返していくうちに、おぼろげに分かり始め、
そして、第50回公演を見に行ったときに、ようやく確信できたような気がします。

「なんだ、欲しかったのは居場所だったのか…。」

≫ 続きを読む

| タルダンス・ヴァナ芸人 | comments(19) | trackbacks(0) | 次のページ

≫ EDIT

第50回公演③~戻れるなら、もっと賢く~

last_talk_01.jpg

2年前に旧シンクロを無理やり解散させて以来、
その判断が正しかったのか、ずっと思い悩んでいました。

その解散は、「私のこだわり」を押し通すための解散で、
その「こだわり」は、全メンバーの賛同を得るものではなくて、
そこまでして「こだわる」必要があったのか?と、自分でも迷ったほどの「こだわり」で、

でも、今回、第50回公演を見に行って、
その「こだわり」が、やっぱり自分にとっては「譲れなかったもの」だと、
もう、「誰かのため」とかじゃなくて、
悲しいまでに「自分のため」にこだわりたかったのだと、

そのことが、改めて分かりました。

そして、全3話と言ったけど、すまん、ありゃウソだった。
全4話構成に拡張しました。

≫ 続きを読む

| タルダンス・ヴァナ芸人 | comments(0) | trackbacks(0) | 次のページ

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。